読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aloestelic Site 3rd Edition

Twitterで書くと早口すぎて気持ち悪くなるとき用

魔法少女まどか☆マギカ 第7話

「何もかも奇跡の正当な対価と言い張るだけ」「感謝と罪悪感責任を混同しないで」「これから釣銭を取り戻していこう」この自然かつストンと腑に落ちるハードボイルド,これこそが虚淵節!

いやー,今回も大変鬼畜なお話でしたね(満面の笑みで)

ひとみの様子を見てると本当に京介を慕っているというよりは,煮え切らないさやかを焚きつけようとしてるだけのようにも思える.根拠はそのほうがよりさやかが可哀想になるシナリオになるから.

小さな善意が一つ一つすれ違ってひとりの人間を着実にぶっ壊していくあたりが実にいい趣味してやがると思う.うつ病患者に周囲の人間が良かれと思って「頑張れ」連呼するみたいな.必要なのは善意じゃなくて理解だけど,患者も治療例も多いうつ病と違って魔法少女はそうそういないからどうしようもない.

ジャンヌ・ダルクがそうであるように,誇り高い聖女をめちゃめちゃにするお話には一定の人気がある.それをストレートにやるとエロゲになっちゃうけど,そこをより陰湿かつ執拗につくとこういうアニメになる.顔はだめだよお腹にしなよ,ああ最近はお腹もまずいから心にしとくか,的な.

正義感,公共心,規範意識,自罰的傾向の強い女子中学生.それを惚れた男のために身売りさせた挙句「私は汚れてしまったから彼に抱かれる資格はない」と自身の口で言わせるアニメ.こんなアニメがカタギなわけがない.くそったれた前時代的男女観の歪んだ表出であり,臆病な獣どもの慰みものだ.「魔法少女」が寄り添うことを求められる価値観の対岸にいるアニメと言っていい.

故に「『まどか☆マギカ』の展開が好きです」って言うのは「俺はクズです」って吐露するのに近いところがあるように思えて,胸をはって言うべきことじゃないように思えもする.

だから私は主張する.

俺はクズです!!「まどか☆マギカ」が大好きです!!

まぁ,あれだ.シャフトのスケジュール管理のまずさがいよいよ出てきてるんでちょっと心配.