読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aloestelic Site 3rd Edition

Twitterで書くと早口すぎて気持ち悪くなるとき用

魔法少女まどか☆マギカ 第10話

アニメも見られず,不安なニュースに苛まれ,いい加減ソウルジェムが濁ってきたところにまどか10話がWeb配信ですよ.で,見始めたらまたたく間に,濁りが取れていきよる.「まどか☆マギカ」はグリーフシードだったんや.

気がついたら視聴履歴に10話だけが延々と並んでおり,ちょっとサイコさん気味にみえるかもしれない.

以下,ネタバレ含む.

一周目

時間跳躍を可能にした,ほむらの願いがなんだったのかずっと気になっていたが,「鹿目さんとの出会いをやり直したい」だったとは.なんと素朴で,切実な祈りであることか.願いが「鹿目さんを蘇らせたい」でなかったところに,まどかの力になれなかったほむらの悔しさが見えるのがすごくいい.

また,「あなたが魔女に襲われた時,間に合って,それが今でも自慢なの」とほむらに伝えたまどか.それが,「みんな」を助けるために力を選んだまどかの強さと哀しさを象徴してるようでグッと来た.まどかはやっぱりPC1の器.

三周目

水浸しの廃墟,崩れ行く世界の中で終末を語らう傷ついた二人の少女.美しくも,破滅的.そう,百合心中とはそういうものだ.切花の百合は包帯と消毒液と古書の香りに混じって香るのだ.ハラショー!!

とか思っていたら,どこからともなく血と硝煙とドブ泥の匂いが漂ってまいりましたよ.

戦友をその手に掛け,戦友の言葉に縛られて生無き余生を生きる……なんというハードボイルド.センチメンタルさ据え置きで性別だけが相転移.ハラショー!

ビリビリと伝わってくる虚淵イズムもさることながらそれを真正面から受け止める絵コンテ&演出も素晴らしすぎる.「もうひとつ頼んでいい?」のところでまどかの願いを察するほむら,そして最期は噛み殺した慟哭とともに遠景&銃声抜きでマズルフラッシュ*1とか,もうね.どんだけですかと.

正直コレをティ・ロンチョウ・ユンファでやってもそこまで違和感ないよね?

*1:普通はアップから暗転で銃声だと思う