読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aloestelic Site 3rd Edition

Twitterで書くと早口すぎて気持ち悪くなるとき用

2014年のアニメ(のセリフ)個人的ベスト3

クッソ忙しい中、アニメも見ずに週一で艦これ怪文書を書くだけの一年だった。

あと、今年は気に入ったセリフベスト3にしました。主に姫様と霜月ちゃんのせいで。

1位:「お前が死ねぇーーっ!!」(「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」3話より)

理不尽に耐えてもまた理不尽が来たらキレるしかない。
それでもキレちゃいけないときは?

やっぱキレちゃうよね!精神修養が足りておらず申し訳ございません!疑いようもなく!

だからこの手のCurse wordsは声に出して読みたい日本語なのだ。声に出してはいけないけれど、声に出さねば意味が無い。

2位:「仁↑義↓ってやつ?」(「楽園追放 ーExpelled from Paradiseー」より)

相手が不利益を被ってまでやってくれたことに対しては、同様の心意気で答える。

自分はそれは基本的に良いことだと思うけれど、無条件には賛成出来ない。それが悪いとか社会を憎んでいるとかそういうのではなく、あまりにも強力だから怖くなってしまう。(自分の払った犠牲を受益者も払って然るべき、っていう地獄はこの考え方と「自分はそうするんだからそうしろ」という単純かつ強力なロジックで補強されることが多い)

だけれど、この考え方を「仁義」の二文字に落とすと、非常にスッキリする。

自分は今、望んで不合理を受け入れ浪花節をやっている。自由意志の名のもとに、合理性とか整合性とか正しさとか、そういうのを一旦棚上げして思うまま他者のために振る舞おうとしている。ゆえに必ずしも自分の行動は肯定されるべきではない。

そういう思考のスイッチに、この古臭くて露悪的な響きさえある「仁義」という言葉はしっくり来る。

登場人物が心情を合理化して行動を肯定する方向に持って行こうとするプロセス/ロジックが、虚淵玄が段取りくさいとか理詰めだとか言われる理由だろうし、水が合う作家だと思う理由でもある。

3位:「私、この社会が大好きですから!!」(「PSYCHO-PASS 2」11話より)

何をされても曲がらず折れない常守ちゃん vs. どこまでも曲がるから折れない霜月ちゃん

この対戦カード、主人公の格として考えれば勝敗はもう火を見るより明らかなんだけれど、それがなんだっていうんだ…… 適応する奴が最強だってダーウィンおじさんも言ってたんや…… 君子豹変す なんや……

霜月ちゃんはそういう意味で一本筋の通った脇役なので好きです。大好きです。でも一緒に仕事はしたくないです。