読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aloestelic Site 3rd Edition

Twitterで書くと早口すぎて気持ち悪くなるとき用

2013年のアニメ個人的ベスト3

Anime

仕事と艦これ以外何やってたか思い出せないマン(記憶力低下

1位:ラブライブ!

ここ二年くらいはおおまかに言ってアイドルアニメの年であった.その中でもひときわ時めいているもののひとつが「ラブライブ!」であろうと思う.

部活ものアニメのど真ん中,努力・友情・勝利の原則に従い,特訓して,仲間を集めて,競い合い,すれ違い,支えあいながらもスターダムにのし上がっていく.実にストレートで情熱に満ちた(でも,平坦ではない)躍進の物語.憂鬱な日曜の夜,その光り輝くエネルギーに元気づけられたことも一度ならずあった.

アニメ本編のみならず,ラブライブ!という企画自体を取り巻く流れもまた物語に満ちたものだった.掲載誌こそシスプリで名を馳せた読参の名門ながら,最初は無名に近い読者参加企画.最初のCDの売上は3桁,そんな中で地道にファンを増やし続けて,最後に大ブレイクしてSSAを二日間埋めるコンサートを開催するに至る.その躍進の物語がどうしても本編とオーバラップして,二重に強く心を動かされた.

ファンの皆様,本当におめでとう.

2位:戦姫絶唱シンフォギアG

王道,つまり既知のパターンの集合であること,の威力,これが生かされてる作品のひとつがシンフォギアGであると思う.

これだけ無理・無茶・無謀の三無主義を魅せつけつつも,エンターテイメントとして踏みとどまっているのは,ひとえに「なんだかんだあるが大団円に向かって進んでいる」物語をやってるんだと理解できるようになってるからであると思う.

ヒロインが悪漢にさらわれて5分でヒーローが助けにきたら「いくらなんでも早すぎるよ!?」とは思うけれど,助けにこない話よりは受容しやすい.だから,バッドエンドは丁寧に計算高くやらねばならない.でも,ハッピーエンドにはその制約がない.だとしたら,その分のリソースを速度と趣味につぎ込むことができる.

その結果がこの満艦飾だよ!

第3位:キルラキル


キルラキルを褒める奴はおっさんだ.褒めない奴はよく訓練されたおっさんだ.私はおっさんになどなりとうなかった.

その他

劇場版なので除いたけれど,叛逆の物語はよかった.これのせいで私の中で今年の漢字は「愛」になった.最短時間経路をたどった光のみが屈折した光として残されるように,ほむらの屈折した愛も苦境の中で最善を目指して進み,残された光なのだ.闇色に輝いて見える.

また,去年の作品だが,ガルパンもこれまたポジティブな躍進の物語で元気づけられた.1Qはガルパンラブライブ!で得た仮初めの気力を灰色のデスマーチの中に溶かし続けるだけの人生だった.