読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aloestelic Site 3rd Edition

Twitterで書くと早口すぎて気持ち悪くなるとき用

2012年のアニメ個人的ベスト3

今年はデスマ部(仮)の部活動が大変忙しく,アニメを見る本数も減った.文章を書く場はTwitterに移り,140文字を少し超えて文章を書くことも減った.

それでもやはり,かわらず,アニメは面白くある.

1位:戦姫絶唱シンフォギア

クソアニメと名前を挙げられれば憤ってみせ,逆に名前が上がらないと不安になる,中身が無い作品だと言われればそんなことはないと反駁し,3.11へのエールを秘めた作品と称えられればそういう見方をするものではないと窘めてみせる.

そういう微妙な距離感と真直ぐでない愛情をもって,BDとキャラソンとフィギュアと書籍を全て購入している.

他人がどうという立場を離れ,魅力を語るとすれば,シンフォギアが面白いのは音だ.

音質がいいとかじゃなくてセリフでもリズムがいい.真面目くさった書き言葉を喋らせてちょっと外した面白みを見せたとおもいきや,テンポのためなら省略して新語を作ってしまう(例:ちょろくせぇ→ちょせぇ)

打てば響く,阿といえば吽,実に気持ちいタイミングで返答が来る.

音楽に合わせて絵を作る,音楽に合わせて声を作る.だから,音楽に合わせてアニメが出来る.キャラが動く.それが見ていて気持ちがいい.

それにやはり,自分は制作者が好き勝手やって作ったものが好きなのだ.

実際こっ恥ずかしいし馬鹿馬鹿しいアニメではあるだろうけれど,若干の苦味とそれを上回る情緒,尊敬,賞賛を込めてこう言いたい.

「こういうのでいいんだよ,こういうので」

2位:咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A

超能力にはルールがある.いかに強力な能力でもルールを外れて勝つことは出来ない.だから,能力者と相対する者はルールを探し,機転を利かせ,相手の裏をかくしかない.これは能力バトルものの王道であり面白みであり,ジョジョやH×Hのような人気の高い能力バトル作品にみられる共通項でもある.

時に共闘し時に敵対するマルチゲームの中でそういった能力バトルをやるならば,これが面白くないわけがない.

魅力のひとつであった,派手で古臭い演出と,わざとらしい百合スキンシップは1期に比べて控えめとなった(もしくは自分が慣れた)ものの,面白さの根幹をなす能力バトルおよびスポ根の様式美は健在.今後のストーリーは漫画で知っているものの,1月の特別編配信が楽しみ.

3位:PSYCHO-PASS サイコパス

大人向けのハードボイルド風味その実オサレにしかなり得ない雰囲気,わざとらしい古典の引用,情け容赦のない残酷描写.しかし傍から見ればどこか間抜け.

これは紛れもなくProduction I.G.制作のゴンゾアニメである.

ゴンゾは滅びても,スタッフはどこへなといって仕事をしているし,ゴンゾアニメのミームは市場なんぞに淘汰などされていない.それはとても素晴らしく,寿ぐべきことだと思う.

ヒロインがちょっと不細工&ジト目でとても可愛くて虚淵に曇らせられるのと,のり子ガンの音声が情け容赦無いことを丁寧語でいいそうな雰囲気でよろしい(本題).

その他

去年の総集編なので選外にしたけれど,まどか☆マギカ映画版は大変良かったというか,自分はどうあってもまどか☆マギカが好きなのだと,そういう気分になった.