読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aloestelic Site 3rd Edition

Twitterで書くと早口すぎて気持ち悪くなるとき用

2011年のアニメ個人的ベスト3

Anime

あまりアニメを見ることはできなかったが,年が終わりに差し掛かってみれば,あれもこれも見ていたし面白かったという例年通り.

1位 魔法少女まどか☆マギカ

アートワーク,音楽,脚本,演出,どれも良く出来た2011年の代表作であるけれど,何がそれら以上に自分を惹きつけたかといえば,「美樹さやか」という歳相応に幼稚で潔癖な激情家が確かに存在したことだった.

アニメの出来の善し悪しという緩衝領域を一足飛びに踏み越え,喉元に抜身の「人格(Character)」を突き付けられた.多くを省みるきっかけとなり,そして省みた後は多くのうちの一つになった.

ここ数年で一番の傑作であると思う.

2位 境界線上のホライゾン

すべてのアニメ化は失敗である.

この法則に対して真っ向から立ち向かった素晴らしいアニメ.

原作を読みだして,ようやっとわかった.なんと適切な取捨選択がなされていることか.どれだけ愛情と共に読み込まれていることか.変則的部活アニメとしてどれほど手堅く盛り上げられていることか.

はたして本作はよく出来たアニメ化をされているだろうか,間違いのないアニメ化をされているだろうか.それは私にはわからない.ただ,本作は幸せなアニメ化をされている.

3位 魔乳秘剣帖

どうしようもなかった.
でも,どうしようもないことが救いであったこともあった.
こいつと天下繚乱リプレイとNINJASLAYERとホライゾンのせいで自分の中の日本史が歴史侵略で危ない.