読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aloestelic Site 3rd Edition

Twitterで書くと早口すぎて気持ち悪くなるとき用

青,いいよね……

ようやっとさやかさんへの愛がちょっとだけ言語化できた...

以下だいぶアレな感じ.
魔法少女まどか☆マギカ」の登場人物(特にさやか)はメタありきで動いていて感情移入が難しい,という意見がある.

自分の場合はさやかに関して割と感情移入できている.完璧主義で潔癖で短気で破滅願望があるあたりに強いシンパシーを感じるからだ.

さやかの抱く「理想と違うこんな自分なんかいらない,この役立たずのガラクタを全力でぶっ壊したらきっとすごくスカッとする.でも痛いのは嫌だ.誰かかわいそうな私を止めてほしい,ただし妥協と憐憫は死んでも断る」というめんどくせぇ複合が痛いほどわかる.

完璧主義であるから理想と現実の乖離に悩み,潔癖であるから妥協を許せず,短気であるから不満が怒りと暴力に変わり,破滅願望があるから自己への暴力を肯定する.
怒りは「怒りに突き動かされる自分」という理想からかけ離れた自分を作り出し,際限なく怒りを再生産する.制御を超えた怒りは周囲の人間と,そして誰より自分を傷つける.

その到達点があの泣き笑いだ.苦しみから開放される喜び,愚かな自分への嘲笑,自身をコントロール出来ない恐怖,すべて無駄だったという悲しみ,取り返しが付かないという絶望,全部が入り交じっている.

これ,もうめちゃくちゃ萌えるよね.さやかさんかわいそうかわいそうかわいそうかわいそうかわいい!