読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aloestelic Site 3rd Edition

Twitterで書くと早口すぎて気持ち悪くなるとき用

いばらの王

同期と「いばらの王」観に行ってきた.原作は未読.

パンデミック絶体絶命的な世界の状況が提示されたあとに,主人公とその双子の姉がコールドスリープ施設に赴いたときには,「こいつらが新世界のイブとイブになるに違いない.なんという百合SFか」と勝手に思い込んだんだけど全然違うお話だった.

SFパニック脱出ものでもあるし,考え込む余地のあるサスペンスでもあるし,なかなか盛りだくさんで面白かったと思う.CUBEとパプリカと適当なB級怪物パニック映画2本を足して5で割って姉妹愛を添えましたって感じ.

監督(片山良一)と音楽(佐橋俊彦)がビッグオーのコンビで,言われてみればそんな風味だった.オーケストラで主題を何度も繰り返すのは良いんだけど,抽象的なモノローグもしつこいのはあまり好みじゃない.モノローグに限らず演出面は好きなタイプじゃなかった気がする.