読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aloestelic Site 3rd Edition

Twitterで書くと早口すぎて気持ち悪くなるとき用

紫色のクオリア

紫色のクオリア (電撃文庫)

紫色のクオリア (電撃文庫)

今年はまともに本読んでなくて,たぶん読まぬまま年を終えるのだろうなぁ.とかなんとか考えながら,積んでいた「紫色のクオリア」に手を出した.

な,なんだこれは……

イーガンとベスターと小林泰三を全部重ねて瓦割りのごとくラノベの背でぶったたき,とりあえず割れたところまで出しました的なガチSFっぷり.本編から帯の売り文句に至るまで何から何までが面白く思えて変な笑いが出てきた.

「すげぇ」って言うにしたって興奮のあまり「す」が「しゅ」に置換されてしまってどうみてもみさくら語です本当にありがとうございました.

以下,ネタバレを含む可能性があります.

帯にある通りの日常系SFかと思ったら,途中から「航路」ばりの急展開.いったいどうなってしまうのかという勢いで物語が拡大していく.観測ものの常だが,本当にやりたい放題で見てるこっちが不安になってしまう.

で,海外SFのごとく人類が進化して投げっぱなされる(偏見)かというと,そういうことはなく,ラノベ的素朴さに満ちたオチへとつながる.やや強引ではあるもののビッグバンからビッグクランチへ至るようでなんともダイナミック.

これはかなり面白いSF小説だと思う.SF研で二番目にSFを読まない私が言うんだから本当だ.まぁ,たぶんね.