読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Aloestelic Site 3rd Edition

Twitterで書くと早口すぎて気持ち悪くなるとき用

とある魔術の禁書目録 第24話

ついに最終回.特定の話として書くこともないので,今まで通してみてきた感想を書こうと思う.

一言で言うならば,「とある魔術の禁書目録」はFEARゲーのリプレイ的な魅力に満ちたアニメだった.

その真髄は,ぬるさや不備,硬直性を自覚しつつもそれにこだわらず,その中で見せ場を作ろうというB級精神にあると思う.作家性や主題がにじみ出てくるような作品に比べると,確かに芸術的な崇高さとかそういったものはないし,見劣りしてしまうこともある.でも,こういうスタンスは大好きだ.B級万歳.